×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← TOPページへ
〜 ムダをなくそう! ガス編 〜

小さい頃の私の夢は「可愛い花嫁さんになること」でした。結婚した今は夢がかなってしまったのですが、次の夢がもうできてしまいました。それは・・・。
そうです!マイホームを手に入れることです!結婚したばかりで、まだまだ先の話ですが、「ちりも積もれば」なんとやらと言いますよね!節約生活頑張ります!
シャトルシェフ
たくさんの節約ページでも紹介されているシャトルシャフ。私も持っていますが、これは本当に役に立ちます。一度沸騰させて、保温容器に移しておくだけ。カレーやシチューなどは野菜のうまみがいっぱい出ていておいしいし、お味噌汁などを温めなおす必要もありません。それに、放っておいても料理ができちゃうところが忙しい毎日の中でとても役にたちます。
値段は少々高めですが、買ってもすぐにもとは取れると思いますよ!

オススメサイト  


余熱調理
パスタや麺類は、一度沸騰させてふたをしておくときちんと火が通ります。
時間はというと・・・
沸騰状態1分+袋に書いてある茹で時間(パスタなら7分とか)
これで、きちんと麺は茹でることができます。
ちょっと固めが好きな私は、袋の茹であがり時間より短めで調理しています。


ゆで卵は炊飯器で作る
茹で卵を作る場合、卵にアルミ箔を巻いてから炊飯器に入れてお米と一緒に炊いてしまいましょう!
お米も炊けてゆで卵もできて一石二鳥です。野菜の下ゆでにも使えますね。


野菜の下茹ではレンジで
野菜の下茹でにお湯を沸かして使っていませんか?
じゃがいもやブロッコリーなどを茹でるときにはレンジでチンして下茹でしましょう。時間も短くてすむし、ビタミンも流れ出したりしないので栄養面でもGOODです!


お鍋の水滴はふき取ってから
コンロにお鍋をかけるとき水滴がついたままにしていませんか?まわりの水滴が蒸発する際、熱も一緒に奪われてしまうので、お鍋の水滴はふき取ってからコンロにかけるようにしましょう。


お風呂の温度はこまめに変更
お風呂の設定温度を季節、日によってこまめに変えます。
春先は温かい日もあれば寒い日もあります。温かい日には設定温度は下げてガス代を節約しています。設定温度を下げただけで、目に見えてガス代が減りますよ。


お風呂はシャワーで
冬の間は湯船にお湯をためていましたが、実験的に6月から1ヶ月間、平日はシャワー、週末に湯船にためる方法を試してみたところ、シャワーのほうが断然安いことが判明。8月のガス代は冬の半額3500円以下になる結果となりました。夏場のお風呂はシャワーがおすすめです。
(お湯の出しっぱなしは注意しましょう!)


お風呂は一緒に入る、または続けて入る
お風呂に入るときは一緒に入ってお湯の節約をしましょう。少ないお湯でも2人入ればかなり満水になります。
また、別々に入る場合でも、時間がたつとお湯が冷めて足し湯をしないといけなくなるので、冷えてしまう前に続けて入るようにしましょう。


お湯を沸かす時は給湯器から
ヤカンでお湯を沸かすときに、給湯器である程度お湯を出しておき、その後は給湯器を切ります。
給湯器を切ってもしばらくの間は温かいお湯が出るので、それを利用してお湯を沸かします。水から沸かすよりも断然早くお湯が沸きます。
お湯になるまでの水はもったいないので食器洗いなどに使用します。